技術開発

技術開発

エンジンメーカーの命題

エンジンメーカーの命題

ディーゼルエンジンは、他の内燃機関に比べ熱効率が高く、低燃費かつ高出力でCO2の排出量も少ないことから地球環境に優しい優れた内燃機関として、世界中で活躍してきました。
しかし、その一方でPM(すす)やNOx(窒素酸化物)等の大気汚染物質の低減に向けた取り組みや振動・騒音の低減による船内環境の改善など、早急に取組まなければならない課題も抱えています。

環境問題が深刻さを増す今日、環境性能に優れた製品をお客様に提供するのは、私たちエンジンメーカーに課せられた命題です。

ネクストレベルへの進化

ネクストレベルへの進化

当社は、次世代に向けた取組みとして「電子制御エンジン」の開発に取組んでいます。センサーとコンピュータを用いた最適な制御により、高い環境性能と高出力、低騒音、低振動を実現しています。

当社はこれらの技術を活用し、ディーゼルエンジンをネクストレベルへと進化させます。

環境に優しい製品づくり

環境に優しい製品づくり

当社は、環境性能に優れたエンジンを開発する一方、NOxを無害な窒素と水に還元するSCRや、エンジンから排出されるPMを捕集するDPF(排ガス脱塵装置)など、環境負荷を低減させる周辺装置の開発にも取組んでいます。

100年にわたるエンジン製造で培った技術ノウハウを環境に優しい製品づくりに活かし、地球環境の保全に貢献していきます。

 

 

PAGE TOP