沿革

赤阪鐵工所の歴史は、1910年(明治43年)、「漁業のまち」焼津で船のエンジン修理をはじめたことにさかのぼります。
万一大海原でエンジンのトラブルがあれば、生命の危機につながります。

赤阪鐵工所の創業者「赤阪音七」の口癖であった、「決して、船主や乗組員に迷惑をかけるような機械をつくってはならない。」
製品の品質と信頼にどこまでもこだわる赤阪鐵工所の基本精神は、創業から現在に至るまで脈々と受け継がれています。

  • 1910年(明治43年)

    焼津の地で、赤阪音七が舶用焼玉エンジンの修繕をはじめる。

    初代社長 赤阪音七

    初代社長 赤阪音七

  • 1912年(明治45年)

    焼津生産組合の修繕工場を購入し、赤阪鐵工所を設立。

  • 1915年(大正4年)

    当社初のエンジン「注水式6馬力焼玉エンジン」の設計・製造に成功。

    1926年(大正15年)頃の工場風景

    1926年(大正15年)頃の工場風景

  • 1933年(昭和8年)

    4ストローク25馬力ディーゼルエンジンを開発。

    ディーゼルエンジンメーカーとなる。

  • 1934年(昭和9年)

    資本金30万円にて、株式会社赤阪鐵工所を組織。

    初代社長に赤阪音七が就任。

  • 1937年(昭和12年)

    漁船の高出力化により、焼玉エンジンからディーゼルエンジンの製造に移行。

    1936年(昭和11年)頃の機械工場

    1936年(昭和11年)頃の機械工場

  • 1942年(昭和17年)

    駿陽鋳造株式会社を合併統合し、赤阪鐵工所の鋳造工場とする。

  • 1954年(昭和29年)

    900馬力過給機付のエンジンを開発。

  • 1959年(昭和34年)

    創業50周年記念祝典を挙行。

  • 1960年(昭和35年)

    三菱重工業のライセンスにより、大型の2ストロークディーゼルエンジンの製造販売を開始。

    赤阪-三菱UEエンジン初号機

    赤阪-三菱UEエンジン初号機

  • 1967年(昭和42年)

    UHS型1,000馬力エンジン完成。

    日本で初めて4ストロークエンジンの小型高出力化に成功。

  • 1973年(昭和48年)

    第一次オイルショック。

    省エネルギーへの対応が大きな課題となる。

  • 1976年(昭和51年)

    省エネに対応した2弁式のDMシリーズを発表。

  • 1980年(昭和55年)

    多角化のため、フルモールド鋳物、FAシステム、工作機械、産業機械、各種試験機などの製造を開始。

  • 1996年(平成8年)

    国際規格ISO9001・NK品質システムの認証を取得。

  • 2002年(平成14年)

    環境対応と高経済性を実現した、AXシリーズを発表。

  • 2005年(平成17年)

    創業以来の生産馬力が累計で1,500万馬力となる。

  • 2006年(平成18年)

    環境対応型次世代機関UEC-LSE型の製造販売を開始

  • 2010年(平成22年)

    創業100年

    環境経営管理システム「エコステージ1」、「エコステージ2-CMS」の認証を取得。

    認定書 授与式の様子
  • 2012年(平成24年)

    電子制御機関3UEC33LSⅡ-Ecoを東京海洋大学に納入。

  • 2013年(平成25年)

    ディーゼル機関の累計生産台数10,000台達成。

    10,000台達成記念

  • 2014年(平成26年)

    環境対応形機関 UEC45LSE-Eco-B2完成

PAGE TOP